思い切りが大切

私は結構なんでも取っておくタイプの人間です。なので、お店の紙袋や割り箸、着れなくなった洋服はもちろん捨てられません。
なぜ捨てられないのかと言われると困りますが、いつかまた役に立つ日が来るのではないかという気持ちになるからなのです。
けれど、結局大切に取っておいても、また使う事はないのが現状なのです。そんな私が断捨離を決意したのは、新しく出来た彼氏が凄くきれい好きだからです。
初めて彼の部屋に遊びに行った時、これが本当に男性の部屋なのかという位、すごくきれいに片付いていました。
彼に片付けのコツを聞いたら、使わないものはすぐに棄捨てて、余計な物は置かない事だと言うのです。そうすれば、必要な物しかないので、自然と部屋はすっきりとして片付くのだとか。
確かに、私の部屋は余計な物だらけだし、これは断捨離のチャンスだと思いました。
早速、要る物と要らない物に分けてみると、何と半分以上の要らない物で部屋の半分が埋まりました。ここで重要なのは、選別をする時に情けは棄てる事でした。
まだ使えるとか、また使う時が来るという曖昧な想いで断捨離をすると、一向に上手くいかないのです。ちょっと名残惜しい物も沢山あったのですが、そうやって捨てずに取っておいた為に、部屋はいつの間にか狭くなる程に不要な物で溢れていたのです。だから、心を鬼にして思い切って捨てました。
すると、あっという間に部屋はすっきりとして、もっと大きいソファーに買い換えられる程のスペースも出来ました。