子どものものの断捨離は期限やルールを決めて行う

私はもともとは物を捨てることにあまり抵抗を感じない方で自分のものに関しては断捨離ができていると思います。
しかし子どもが生まれてからは一転、溜まっていくばかりになってしまいました。
特にどんどんタンスの肥やしになっていくものは服や子どものオモチャなどです。
服はサイズが小さくなり着れなくなったら捨てるのが吉ですが、思い入れのある服だから…、などもう2度と袖を通さないのに閉まっておくものが
増えてきました。
ブランドのものではないしもちろん売れるほど綺麗なものでもないので、リサイクルショップに持って行くのもはばかれます。
そんなある日、市で古布回収という事業が始まりました。
中古の衣料を切れるものは海外などで再利用、そして切られないものは工業用のウェスとして使われるということでした。
古布として出すことで、もしかしたら子どもの服が外国の子供たちの役に立てるかもしれない!と思うと、タンスの肥やしを一気に処分することができました。
またオモチャに関しては、1年使わないものは処分と決めて、綺麗なものは近所の保育園のバザーで寄付したり、できるだけ再利用できる方向で
断捨離するようにしました。
古布とオモチャの処分を心がけて約2年、子どものものもあまり溜まらなくなり、また期限やルール決めて断捨離するこどで、捨ててしまうことに
対する罪悪感もなくなってきました。
考えてみれば、子どもの服やオモチャにいつまでも未練を持っているのは親だけなので、子どもをきちんと片づけができる様にに育てるためにも
親が断捨離をきちんと行い、整理整頓をきちんと行うことは子育ての一貫にもなると思います。